間違った「私の満たし方」をする人が気持ち悪い件

SNSやそこらかしこにある

「自分を満たせば幸せになる」論

たち。

 

確かに合ってると思います。

 

それを発信している方も

素晴らしいこと言ってるなぁーと

思って拝見している次第で、

内容的には何にも文句は

ございませんのであしからず。

 

また誰かを批判しようと

思っているのではなく、

「方向を間違えている人が多い」

という気付きと

「そう言っている人に依存することが

心地よい」と感じている方が

一定数いると、この前友人と

話した際にも話題に出ました。

 

ちょっと苦手なんです。そういう方々。

だって

「○○さんのセミナー行って

変わりました!」とか言っている割に

「行動」も「選択」も「習慣」も

変わってないんだもの。

 

自己啓発で変わったとかいうなら

自己満足や独りよがりではなく、

本当に行動が変わってから

言っていただきたい。

 

「変わる」ってことは

「選択」が変わり

「行動」が変わり

「習慣」が変わるから、

 

≪あなたが気付く前や

発言しなくても周りは気付くから≫

 

変わってもないのに、

変わった発言って結構ダサい。

 

している人多い気もするけどさ。

 

私の周りにはだいぶ

いなくなったけどね。

 

幸せって気付きもので、

足して得るものではない。

 

だから、自分の現状で

何を持っているのかをきちんと見る。

 

たとえ不満ばかりでも、

ご飯が食べられて、ふかふかのお布団で

眠ることができるなら

まず第1条件はクリアなのです。

 

上手くいかないことも

上手くいくこともあるのが人生。

 

とりあえず1つ上手くいったことが

あったなら、その都度

「お、ありがとう」って

思っていくと満足度は結構上がる。

 

悪いと思っていたことは

普通レベルに。

 

普通と思っていたことは

満足レベルに変わりますから、

ぜひ習慣にしてみてほしい。

 

「ごめんなさい」や否定の言葉は

自己肯定感や自分の運も下げちゃうけど

「ありがとう」やプラスの言葉は

自己肯定感や自分の運も上げてくれる。

 

何とかなる気もしてくるもの。

これね、意外と見逃しますが、

人って衣食住や身の回りの安全に

満足しないとその上の欲求に

いけないのです。

 

わかってるよ、という方ほど、

恵まれた自分に気づきません。

 

皆持ちすぎているから、

不満が大きいのも日本人の

特徴かもしれません。

 

別に

「世界には恵まれない子もいっぱいいる」

みたいなことを言う気はないです。

 

ただ、みんな本当に持っているのに

不満が多いと思うだけ。

 

私から見たら幸せそうな人ばかりだけど。

 

本人は不満そうだったりするから、

そんなものみたいです。

 

でもそんなに不満そうでも、

本当の自分が「どうありたいか」で

プレゼンテーションできる

レベルの方っていらっしゃるのかしら?

 

そんなことより目の前の

問題って方います。

 

そういう人ほど、

問題の本質自体見えて

いなかったりする。

 

そして、何かあれば

「環境が悪い」「家族や周りの人が」

「仕事が」「忙しくて」「時間がない」

などと言い出したりする場合もあるんですよ。

 

え?自分で選んだ結果が

今でしょ?と思う。

 

お金に困るまで何もしなかった現状、

家族や周囲の人の意見を

聞くことを選んでいる現状や

人間関係がうまくいかなくなる

までほっておいた現状、

忙しいことを選んできた現状が

あっての今。

 

それなら、

現状の何が問題点で

どうありたいかを考え、

その道筋を決めていくのが

筋なはず。

 

人にすがったりしても

依存が生まれて苦しくなるだけだし、

明日変わることを夢見ても

何も変わらないのです。

きちんとした掘り下げによる

自己理解と、一歩一歩の道筋を決める

スキルが必要だから

やみくもに何かに飛びつくとか、

自分ファーストで

わがままになりすぎても

いいことは1つもない。

 

だからこそ、

まずはあり方を考えること。

日本人って「何になりたいか?」は

幼少期から考えさせられるから

答えるの得意なんです。

 

「大きくなったら何になりたい?」って

質問をずっとされて育つから。

 

「警察官」とか「Youtuber」とか

「フライトアテンダント」とか

答えて生きてきたわけです。

 

でもありたい姿って?

どうありたいのか?

自分はなぜそれがしたいの?

しなきゃいけないの?

今の生活の何が不満なの?

なぜ?なぜ?なぜ?

 

とたくさん自分に

聞いてあげる必要があります。

 

自分のことって、

そうやって聞かないとわからないもの。

 

「あの人好き」と言っても、

「本当に存在が好き」

「何かしてくれるから好き」

「一緒にいるとステータスが

上がるから好き」って

意味変わるでしょ?

 

こういうのは、自分に何で?なぜ?と

たくさん質問しないとわからない。

 

それこそ紙に書いたら5000個は

分が並ぶ勢いで聞かないと、

答えも自分も見えてこない。

 

5000でも少ないんじゃないかな。

 

自分のことは。

私は毎晩20分は、

その日自分がうれしかったことや

悲しかったことの「何でだろう」ゲームを

してから眠るので、たぶん1か月の

掘り下げだけで数万個は数いきます。

 

丁寧に自分を見るって、

本当に大事。

 

自己投資ゲームじゃ得られません。

 

自己投資はそもそも

リターン(お金・時間・感情・物質)が

最初にかけたお金と時間の

10倍なかったらしょせんお遊びです。

 

株やFXで2倍はすごいけど、

自己投資なら「自分エネルギー」が

資本なので10倍でも

正直言って少ない。

 

好きなことに関しても、

自分の好きなことは何か、

きちんと「自分で選んで」

考える。

 

この作業を丁寧にしないと、

「欲しいものを全部手に入れているつもりで、

なにも大事じゃなく足りない気がする」病や

「自分は持っていないんじゃないか」病に

かかります。

 

たいていの「お金がない」

「私は幸せじゃない、満足してない」

「人生上手くいかない」は

 

≪自分の理想の状況も

わからない人が何となく

誰かの幸せを自分に

当てはめた時に起こります≫

 

正解探しすぎとも言いますね。

 

Yahoo知恵袋や色々なHPを

ネットサーフィンしていると

結婚や恋愛のマニュアルめいた

サイトもいっぱい。

 

結婚や恋愛なんて、

特に相手と自分の関係なのに

ネットで正解探すって

何なんでしょw

 

あるわけないじゃん。

 

ネットに正解なんて。

 

本に正解なんて。

 

愛されマニュアルみたいなのも

出てるけど、見るべきは

マニュアルじゃなくて相手でしょwと。

 

そういうの見る前に相手に

「私は今こう思っている。

理由は○○で△△だから。

あなたはどう思う?」って

感情を入れずに理論的に

相手に聞いてみたほうが

絶対に相手の本音も

答えもわかるし早い。

 

自分自身に対しても同じこと。

 

それが「私を満たせばOK」みたいな

変な自分ファーストや見栄、

人に流された意見が入るから

おかしくなるんだ。

 

あなたの人生はあなたのもの。

 

仕事、恋愛、その他人間関係も。

 

世間や周囲の人、まして

やネット上や本の著者など

知らない人は正解を

持っていないのです。

 

ベクトルはネットや世間の正解ではなく、

常に自分自身に向けてあげる。

 

たぶん、私が気持ち悪いと

思ってしまう方々は

「ベクトルが自分に向いていない」

のです。

 

もっともっと自分を見てあげて。

 

もっともっと自分を知ってあげて。

 

「How」より「Why」を増やして

自分の正解を見てあげる。

そうすることでしか、

自分自身の満足度は高まりません。

 

足すよりも引き算の美学。

 

私自身、年々物を減らしています。

 

もともと少なかったのが

26歳直前で世界1周行くとなって、

ほぼ捨てて。

 

33歳の今は終活(早いw)と

称して持たない生活に

切り替えています。

 

身軽な自分でいると、

決断も早いし。

 

探し物もしないから

時間の無駄もない。

 

選ぶ時間すら必要としない。

 

「私だからできる」

ことじゃない。


みんなできます。


そうなれます。

 

世の中にある問題で、

複雑な事って少ないから。

 

自分自身が周りを見すぎて

難しくしてるだけ。

 

魔法の言葉もありますよ♪

 

買い物の時に

「それ買わないデメリットある?」

行動する前に

「それやらないデメリットある?」

 

しないと困るは必要や

お気に入りの物事。

 

そうするとたいてい不要。

 

いかに自分が複雑にしているか

わかると思います。

 

シンプルに生きよう。

 

自分を満たせるのは

自分だからこそ、自分を知ろう。

 

そうすると人生大満足になると

思うんだけどなぁ♪

 

 

併せて読みたい


メルマガとLine@の登録はこちらから

プロフィール

21歳で学校卒業後、派遣社員として働く。
同じころに株式投資を始めた。
その後2008年のリーマンショックをきっかけに株・FXトレードをスタートし、兼業投資家に。
26歳から30歳までの間、世界中の遺跡、絶景の観光と世界中のエステサービスを体験する。
帰国後、起業し女性のために「女性が自分軸を生き、楽しく生きる」講座をスタート。
現在までに330人ほどの受講生がいる。
現在NPO法人アクセプト・インターナショナルに所属し、テロや紛争撲滅の活動にも携わっている。